マンションで相続対策

マンション建築で相続対策を行うというのは、一般的な手法です。

お金を建物に替えると、その建物は、短期間で評価額が下がります。

お金を銀行に預けたままですと、10年後も同じ金額です。

ですので一般論としては、マンション建築は相続対策に成り得ると言えます。

しかし、そうはいってもマンション建築をすることに不安を覚える方は、多いのではないかと感じます。とくに空き室が発生したらどうしようと考えますよね。

家賃保証をしたうえでマンション建築をすれば、空き室でも家賃が入ってくるから安心という営業セールスもあります。

家賃保証をして、管理手数料を支払って、固定資産税と所得税を支払って、ほんとうにマンション建築はメリットがあるのでしょうか?

相続税を減少させるために、そこまでリスクのあることをしなければならないのでしょうか?

これは、誰しも感じる不安です。

私、舩橋の考えですが、駅にちかくて入居が確実と見込めるならば、マンション建築はメリットがある可能性が高いです。

入居確実であるならば、家賃保証をする必要がないからです。さらに、管理もご自身でやられるということであれば、それなりの利益も生むことになるかと思います。

もともとマンションの需要というのは、今日増加していると言えます。バブル以前の頃は、一戸建てを持つというのは、多くの会社員の目標でしたし、その目標に誰も疑いを持ちませんでした。

しかし、現在は、大企業でも倒産する可能性やリストラをする可能性があります。昔のような護送船団方式で経済が成り立っておりません。

現在は、何千万もローンを組んで一生そのローンを支払続けることを計画に組み込めるほど、社会が安定していないと言えます。大きなローンを組むことが以前よりも、高いリスクをかかえることになっているんですね。

ですので、一戸建てよりもマンションに住んで、大きなリスクを背負いたくないと考える方も増えております。

マンションは立地が全てです。マンションに向いた立地であるならば、マンション建築を検討してみる価値はあります。

お悩みが一人では抱えきれなくなったら、相続専門の税理士 舩橋信治へご相談ください。

小牧市、岩倉市、江南市を中心に活動しております。また土地活用では、大手メーカーと協力してお客様をサポートしてまいります。