夜10時まで面談できます

トップページの上部(一番目立つ所)に夜10時まで面談できますよ、と書いてしまった。でも大丈夫だ。

もともと私は、夜まで仕事をしています。朝も早い。趣味という趣味はないのです。仕事が趣味と言ってもよいのかも。ほとんど仕事中毒。

なので夜に仕事の電話がかかってきても全くウェルカムなのです。もしかしたらそれが強みではないか、と考え「夜10時まで面談できます」と書きました。

しかし、私の経験上夜遅いといっても、10時まで事務所におられる方はいません。遅くても8時30分くらいかな。お客様もあまり遅いと疲れてしまうし、明日の仕事があるので。

でも仕事帰りに少しでも相談できたり、書類作成を進めることが出来たら、お客様にとってもメリットは大きいと思うんです。

土日にやるという方法もありますが、土日はファミリーサービスや遠出で忙しいと思うから。遠出もパパの大事な仕事だと思うんですね。

だったら舩橋会計で、アフターファイブで相続の手続きが少しでも進められれば、ビジネスマンにとってはメリットあると思うんです。

アフターファイブか、懐かしい響きだな。今時アフターファイブなんて言わないか。そういう余裕のある時代ではなくなったのかな。ちょっと寂しいけど。でもきっとAIとか何かで、また日本が裕福になる日が来るんじゃないかな。少なくとも、そう期待したいな。

相続専門の税理士 舩橋信治

エリア:小牧市、春日井市、北名古屋市、江南市、岩倉市、一宮市