相続税の知識

遺産分割の遡及効

遺産分割の効力は相続開始の時まで遡って生じます。そのため、各相続人は、分割によって自己に帰属した財産の権利を被相続人から直接単独で取得したことになります。しかし、それでは分割までに第三者が個々の相続財産について持分権の譲渡を受けていた場合には、その第三者を害することになりますので、そのような第三者を民法第909条ただし書きで保護しています。