相続開始後、まず最初に相談すべき専門家は誰?

相続が起きてしまったら最初に相談すると良いのは誰だと思われますか?価値観によってその答えはさまざまだと思いますが、総合的に考えるとそれは税理士です。なぜなら税理士にまず最初に相談することが最も実務的には効率が良いからです。
そして効率が良いということは、精神的にも余裕ができるので相続の悲しみを助長することもございません。ではなぜ税理士に相続の相談を最初にすると効率が良いのでしょうか?それは最初に把握しなければならないのは、相続税の申告の有無だからです。
もしも相続税の申告が必要ならば多くの資料を集めて早急に申告の準備をしなけらばなりません。反対に相続申告をしなくても良いのであれば、それほど手続きを急ぐ必要はございません。

この相続申告が必要かどうかを一番的確に判断できる士業は、税理士です。なぜなら税理士は、税のエキスパートですから税金の計算は誰よりも強いのです。
ですので相続が開始したらまずは税理士にご相談いただいて、その後状況に応じて司法書士や弁護士や社会保険労務士など他の分野の専門家にお聞きするほうが効率が良いだけでなく正しい判断が出来ます。
思考の順序にはステップがあるということです。まずは、おおよその税金の状況、特に申告する必要があるのかないのかを把握します。それから落ち着いて行動することが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です