資産を現金化して相続対策

今日は、資産の現金化についてお話させていただきます。土地や建物は、生前に贈与をすることが難しい場合があります。名義を変更するのに手間もコストもかかるからです。

一方、現預金の生前贈与は、振り込みをするだけですから、簡単なんですね。だから、財産を分散して相続税を減らそうと考えた場合、まず資産を現預金化すると効率が良いわけです。

土地を現預金化するには、売却という方法があります。株式の現預金化も売却です。ただ売却益が発生するとそれに対して税金が課されますし、時価自体が低いと売却しても希望通りの現預金が手に入らないこともあります。

そういう問題はありますが、可能なら現預金化すると良いです。そして贈与申告をして財産を生前に贈与します。単純明快な方法ですが、やはり基本中の基本です。