会社保有土地の売却

今日は、会社が保有する土地の売却をして株価を下げるという手法をお話します。

会社が土地を売却すると、土地が出る代わりにお金が入ってきます。お金は土地と違い、会社の外へ流すことが容易となります。

また土地がAさん名義となれば、会社からAさんに土地代を支払うことが可能となります。これも預金を減少させます。

このように土地を売却することによって、資産減少の効果があり株価を下げることが出来ます。

土地の売却に税金がかかりそうですが、時価で購入した土地を時価で売却なら利益どころか損失が出るかもしれません。売却に対する税金は、あまり発生しないかもしれません。ただし、不動産取得税と登録免許税が発生することは計算しておかなければなりません。

このように会社保有の土地を売却することによって会社の株価を下げるという方法もあることを覚えておいてくださいね。

小牧市の相続専門の税理士 舩橋信治