アパートを建てても大丈夫?

相続対策で悩まれている方の中には、アパート経営をして節税をしようと考えておられる方も多いと思います。

また節税対策だけでなく、その後も利益が出て多少なりともお金が増えていくと良いと考えられているケースもあると思います。

そんな経緯でハウスメーカーに相談すると、必ず損益と収支の未来シュミレーションの表をもってきます。そして「大丈夫ですよ。利益が出ますよ。」と言われます。

でもちょっと待ってくださいね。そこには、税金の金額が記載されていますか?おそらく殆どのシュミレーションは、税金が考慮されていないはずです。

多くのシュミレーションは、収入(入ってくるお金、家賃)から支出(減価償却費や修繕費などの経費)を引いて利益が出ると結論づけます。でも本当は、その利益の次に税金が発生しているんです。

利益から税金を控除したものを、「税引後利益」といいます。この税引後利益でプラスになっているならば、ある程度安心しても良いとなるんですね。

私の知る限り、税引後利益もプラスになるのは、駅前などの立地の良いところに限られます。

本当に、そのアパートを建ててもいいのか?それを見極めるポイントは、税金の支払いまでシュミレーションに入れるということでした。

土地活用は、愛知県小牧市の税理士 舩橋信治 にご相談ください。春日井市、江南市、岩倉市などでも活動しております。