土地の時価

土地の時価 相続

上記画像は、路線価を国税庁のホームページから調べたものです。赤い〇は、舩橋会計の場所です。私の事務所の前の道の路線価は、41,000円ですね。

安いです。不便な所ということでしょうか。路線価の数字の後にE とあります。これは、Eとして借地権の割合を使ってねということです。

数字が◇ひし形で囲われています。これは、この地域が中小工場地域ということを表しています。

路線価は、時価ではありません。あくまでも相続税評価をするときのみ使用するもので、限定的な数値です。

売買などにつかう時価を知りたい場合には、公示価格を参考にします。

税理士 舩橋信治

相続専門 エリア:小牧市、春日井市、北名古屋市、岩倉市、江南市、一宮市など

 

贈与は暦年単位

今日は、11月17日。あっという間に、今年も終わっていきそうです。贈与は、暦年単位です。今年中に贈与を予定している方は、12月31日までに手続きを取らなくてはいけません。

しかし実際は、金融機関の仕事納めの日を考えると、もう少し早めに考えなければなりません。出来れば11月中に預金の贈与などは済ませておくと安心ですね。

贈与申告は翌年になりますので、翌年の3月15日までに申告納税すればよいことになります。

本当に1年は、早い。

税理士 舩橋信治

エリア:小牧市、春日井市、北名古屋市、岩倉市、江南市、一宮市

テクニカルな相続対策

投資信託を活用したテクニカルな相続対策を営業する税理士さんや証券会社の社員さんがおられます。

僕も結構それらを調べましたが、多くは本質的に相続対策というよりも運試しの投資、悪くいえばバクチだと感じました。

やはり本当の相続対策とは、リスクが少なく安心して行えるものだと感じます。

あまりにもテクニカルで投資的要素の高いものは、うまく行けば節税になることもありますが、一歩間違えれば取り返しのつかない大きな損失が出ます。

投資を使った相続対策で不安のある方は、舩橋会計にお電話下さい。

税理士 舩橋信治

エリア:小牧市、春日井市、岩倉市、江南市、北名古屋市など

資産を現金化して相続対策

今日は、資産の現金化についてお話させていただきます。土地や建物は、生前に贈与をすることが難しい場合があります。名義を変更するのに手間もコストもかかるからです。

一方、現預金の生前贈与は、振り込みをするだけですから、簡単なんですね。だから、財産を分散して相続税を減らそうと考えた場合、まず資産を現預金化すると効率が良いわけです。

土地を現預金化するには、売却という方法があります。株式の現預金化も売却です。ただ売却益が発生するとそれに対して税金が課されますし、時価自体が低いと売却しても希望通りの現預金が手に入らないこともあります。

そういう問題はありますが、可能なら現預金化すると良いです。そして贈与申告をして財産を生前に贈与します。単純明快な方法ですが、やはり基本中の基本です。