贈与税の配偶者控除について

今日は、贈与税の配偶者控除について考えていました。配偶者控除は、一見やる方が得に見えますね。贈与税がなしで2110万円まで贈与できるわけですから。

でも不動産取得税がかかりますよね。結局、相続なら不動産取得税がかからないし、配偶者の税額控除があるし・・・と考えると、贈与税の配偶者控除はそこまでの必要性がないようなきもします。

財産承継にはいろいろなパターンがあるので、そのパターン次第では大きな得にもなるし、あまり効果がなかったりもするようです。

安全策をとって、不動産取得税がかかっても、念のために贈与税の配偶者控除を行うという考え方があるかもしれません。

なかなか難しいところですね。